坊ちゃん会秋の例会

坊ちゃん会秋の例会を漱石ゆかりの某高等学校で開催。

講義


句碑2

漱石が子規に贈った句

今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)10月12日、28歳の漱石は正岡子規の送別会に出席した。

会場は愛媛県松山市二番町の「花廼舎(はなのや)」という料理屋。漱石の下宿している上野家の離れ、名づけて「愚陀仏庵」での50日に及ぶ同居・静養生活に終止符を打ち、子規はいよいよ東京に帰ろうと決意していたのである。

出席者は、柳原極堂をはじめとする俳句結社「松風会」の面々。漱石と子規を含め総勢18名の会となった。

子規の『病餘漫吟』の中に、「留送別会」と題して、


《明治二十八年十月十二日松風会諸子余のために祖筵(そえん)を花廼舎に開く 競吟終り酒めぐる事三行戯れに坐中の諸子の雅名を読み込みて俳句十有七首を得たり》

とあるのは、まさにこの日のこと。花廼舎に集って皆で俳句を詠み合い、酒も酌み交わし、その後、子規は風流心から、仲間17人ひとりひとりの雅号を織り込んで作句をしたというのである。いかにも子規らしい。

漱石は、席上、子規のために次のような送別の5句を詠んだ。


《疾く帰れ母一人ます菊の庵》
《秋の雲只むらむらと別れ哉》
《見つゝ行け旅に病むとも秋の不二》
《この夕野分に向て分れけり》
お立ちやるかお立ちやれ新酒菊の花

東京で待つ母親のもとに早く帰りなさい。折角だから旅の途中、天下の明峰・富士も仰いでいけばいい。病を抱えていても見るべきものは見ていくさ。さあ、お立ちなさい。


句碑
子規が東京に帰る時漱石に贈った句

夏目漱石もまた英語教師としてこの地を訪れていました。 五十余日という短い時間でしたが二人は共同生活を楽しみます。 二人が共同生活をした愚陀仏庵(ぐだぶつあん)での暮らしは、正岡子規が一階、漱石は二階で過ごし、子規の部屋ではしばしば句会が開かれ次第に漱石も俳句にのめり込んで行きました。

周りからは結核の子規とはあまり付き合わない方がいいと忠告されていたようですが、いつも漱石は構わず子規の面倒を見ていたのです。 子規が少しでも良くなればと道後温泉にも一緒に行っています。 現在も道後温泉の近くには子規記念館があり、子規の足跡を色濃く残している場所です。

子規は体調も良くなり新連載、新聞「日本」のため東京に戻ることになります。
この時、漱石に別れの一句を贈っています。

「行く我にとどまる汝(なれ)に秋二つ」(寒山落木四/正岡子規)

別々の場所で、別々の秋を過ごすことになるという寂しげな句でしょうか。

安倍農政
漱石弟子四天王の一人
松山東高等学校の教え子 安倍能成
第二次世界大戦後の第一次アメリカ教育使節団(1946)来日歓迎の挨拶(あいさつ)で、アメリカが力でなく「正義と真理」によって日本に臨むよう要望したことは有名。

ぷる1
お留守番のプルートでした。

ふらのスイカ
北海道 富良野スイカ とても甘かった

さんど1
プルパパの作った卵ハムサンドウイッチ

3祭り
プルートと供に


7祭り
坊ちゃん会例会後
お留守す番の寂しそうなプルート君と
当日は松山地方の秋の例祭でした。

ぱぱ
パパとプルート君


愛媛国体開会式 其の2

国体開会式よりブルーインパルスの展示飛行が目的でした!
宮城から九州の航空部隊飛行場から飛来してきます。

前日松山市内で待機してリハーサル飛行の予定時刻に飛来してくるの
待っていました、すると西の空に光る物体を確認し、ライト点灯してくるブルーインパルス
が近づいてきて会場付近遥か彼方を飛んでいった。

開会式当日はお天気に恵まれ素晴らしい航空デモンストレーションサプライズだった。


飛来
九州から飛んでくるので(西方向向かって左画面にブルーインパルスが現れます)

北の方角から
高度 千フィート??で旋回してから会場上空をスモークを出して行きます
高度千メートルの皿が峯が近くにあるのでリハーサル時より少し高度を上げているそうでした。

其の1
燃料予備タンクを装着しているそうです。

其の2
家人の300ミリ望遠カメラ
撮影も家人です

其の3
プルパパはビデオカメラを回していました。

其の4


其の5
九州に帰って行きます。
ご苦労様でした。

国体開会
総合運動公園

総合開会式
開会式模様 松山城約6キロメートル先が遥かに見えます。

天皇
開会式会場

愛媛国体開会式 其の1

愛媛国体が50数年ぶりに開催されている。
ブルーインパルス展示飛行があるとのこと家人は自転車で行く予定でした。
自転車を車に積んで交通規制の近くまで行くことにする。

丁度天皇陛下歓迎の集団を見かけ道路でカメラマンになる!



プルートを置いて、パパは国体開会式に行ってしまったのでつまらなさそうにしていた・・・

良い子
パパが帰省している神戸の家人に世話を焼くのでチョット嫉妬しているプルート君

可愛い顏
不満顔のプルート

白バイ
天皇は砥部焼を見られてこれから砥部町に隣接の愛媛総合競技場国体開催式に
ご臨席です。最先導白バイ

3ッ分前
皇室専用車通過3分前の標識テープを貼ったパトロールカー

一分前
続いて通過1分前のパトロールカー

sp
皇室専用車先導SPカー

皇室専用車
御旗を翻して皇室専用車が通過
金色の菊の紋章はめったに見られないですね~

天皇
皇后陛下
品格を感じる。

雑用多忙でした

二週間ほど油絵制作に追われてブログ更新が出来なく物足りない日々でした。
今日やっと制作から解放されて久しぶりの更新です(^_-)-☆

とりとめのない中身のブログでもプルートとの毎日を記録することに意義がある
と思って続けたいと思っている。

お彼岸お墓参りに行って来ました。

近いのイズミ

道後姫塚にプルママ実家の菩提寺禅宗義安寺がある、昭和57年浩宮徳仁親王が「海の道」研究の為
河野家由来の御来山記念の碑の前です。
殿亡き後、他の家臣にならないと此処で誓いの言葉を交わしたと云われる
誓いの泉に建立されている。

道後温泉
道後温泉本館

坊ちゃん会寄贈の碑
漱石坊ちゃん発表100周年坊ちゃんを記念して
私達松山坊ちゃん会有志が建立寄贈の漱石碑です。

飛鳥の湯

先月9月26日新築された飛鳥の湯

夏の日よけ
夏の風物詩日よけ

曼珠沙華
白い曼珠沙華は爽やかです。

お彼岸


ゴールドトンボ
庭の生垣に金色のトンボを見つけました。

人形
温泉街で見かけた木彫りの人形

久しぶりに映画館へ

「ダンケルク」こちら松山では15日公開日でした。
神戸の家人に休日の予定を尋ねると映画に行くとのこと、題名と内容を聴きさっそく
ネット検索です、オスカー候補となるべきNO1の映画と知り、急に思い立ち映画館
に当日直行する。
(家人より先に観てしまってちょっと悪かったかな・・と感じている)
クリストファー・ノーラン監督はスピルバーグの時代を引き継ぎ実力と伝説の
仰天エピソードを持つ監督と知る。
映画の宣伝文句は 
世界が嫉妬する才能クリストファー・ノーラン監督が実話に挑んだ99分間

シニア料金で二人入場すると、思ったより空いている。アイマックスなる映画も
知らないシニア世代である、今回は通常スクリーンで観る事にした。

映画はCGなしの撮影手法を用い、臨場感あふれるシーンと動きに興奮する。
飛行機と船が大好きな孫のH君にとって感動を与えてくれる映画に
なるだろうと思っている。

映画からイギリス、フランスの聴きなれた地名、戦闘機、エンジン名、
そして人気イギリス俳優名を知る。

トピクッス 
出演俳優から「プルートで朝食を」という題名の2005年制作の映画があることを知る。
ここで云うプルートとは果たして何なのか???
俳優の演技に興味あり、レンタルビデオ借りようかなと思っている。

プロフィール

プルートパパ

Author:プルートパパ
プルート:♂2016年12月12歳になりました体重22キロ 覚えの早い知能派 生まれは神奈川県平塚市 野菜大好き ,スポーツタイプ 走り、泳ぎ、ジャンプ、フリスビー大好き 特技横とびジャンプ、ドッグキャッチされること大好き、新芸(ロール、脚 くぐり)など

プルートパパ:ボーダーコリーが大好き
ジョギング、テニス、スケッチ、油絵、読書(松山坊ちゃん会漱石研究会理事活動)
好奇心旺盛な男性。                  
家族 :つれあい

   神戸&横浜に息子在住
   孫男2人,女2人

   
            

最新トラックバック

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード