FC2ブログ

坊ちゃん会秋の例会

坊ちゃん会秋の例会を漱石ゆかりの某高等学校で開催。

講義


句碑2

漱石が子規に贈った句

今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)10月12日、28歳の漱石は正岡子規の送別会に出席した。

会場は愛媛県松山市二番町の「花廼舎(はなのや)」という料理屋。漱石の下宿している上野家の離れ、名づけて「愚陀仏庵」での50日に及ぶ同居・静養生活に終止符を打ち、子規はいよいよ東京に帰ろうと決意していたのである。

出席者は、柳原極堂をはじめとする俳句結社「松風会」の面々。漱石と子規を含め総勢18名の会となった。

子規の『病餘漫吟』の中に、「留送別会」と題して、


《明治二十八年十月十二日松風会諸子余のために祖筵(そえん)を花廼舎に開く 競吟終り酒めぐる事三行戯れに坐中の諸子の雅名を読み込みて俳句十有七首を得たり》

とあるのは、まさにこの日のこと。花廼舎に集って皆で俳句を詠み合い、酒も酌み交わし、その後、子規は風流心から、仲間17人ひとりひとりの雅号を織り込んで作句をしたというのである。いかにも子規らしい。

漱石は、席上、子規のために次のような送別の5句を詠んだ。


《疾く帰れ母一人ます菊の庵》
《秋の雲只むらむらと別れ哉》
《見つゝ行け旅に病むとも秋の不二》
《この夕野分に向て分れけり》
お立ちやるかお立ちやれ新酒菊の花

東京で待つ母親のもとに早く帰りなさい。折角だから旅の途中、天下の明峰・富士も仰いでいけばいい。病を抱えていても見るべきものは見ていくさ。さあ、お立ちなさい。


句碑
子規が東京に帰る時漱石に贈った句

夏目漱石もまた英語教師としてこの地を訪れていました。 五十余日という短い時間でしたが二人は共同生活を楽しみます。 二人が共同生活をした愚陀仏庵(ぐだぶつあん)での暮らしは、正岡子規が一階、漱石は二階で過ごし、子規の部屋ではしばしば句会が開かれ次第に漱石も俳句にのめり込んで行きました。

周りからは結核の子規とはあまり付き合わない方がいいと忠告されていたようですが、いつも漱石は構わず子規の面倒を見ていたのです。 子規が少しでも良くなればと道後温泉にも一緒に行っています。 現在も道後温泉の近くには子規記念館があり、子規の足跡を色濃く残している場所です。

子規は体調も良くなり新連載、新聞「日本」のため東京に戻ることになります。
この時、漱石に別れの一句を贈っています。

「行く我にとどまる汝(なれ)に秋二つ」(寒山落木四/正岡子規)

別々の場所で、別々の秋を過ごすことになるという寂しげな句でしょうか。

安倍農政
漱石弟子四天王の一人
松山東高等学校の教え子 安倍能成
第二次世界大戦後の第一次アメリカ教育使節団(1946)来日歓迎の挨拶(あいさつ)で、アメリカが力でなく「正義と真理」によって日本に臨むよう要望したことは有名。

ぷる1
お留守番のプルートでした。

ふらのスイカ
北海道 富良野スイカ とても甘かった

さんど1
プルパパの作った卵ハムサンドウイッチ

3祭り
プルートと供に


7祭り
坊ちゃん会例会後
お留守す番の寂しそうなプルート君と
当日は松山地方の秋の例祭でした。

ぱぱ
パパとプルート君


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

プルートパパ

Author:プルートパパ
プルート:♂2018年6月28日 虹の橋を渡りました
2015年、7月リンパ腫ガン発症 抗ガン治療6か月点滴治療後、奇跡的に3年生き延びてきました、数か月前からリンパ腫転移が進み抗生物質、ステロイド剤投与かろうじて食欲旺盛に毎日を過ごしていました、しかし赤血球数値の低下著しくひと月経過の後眠るように宇宙に旅立ちました。

プルートジュニア:♂ 2018年 4月17日生まれ
出身:鳥取県
両親は鑑賞犬タイプ これからの一年の成長、躾が大変だと思っている。



体重22キロ イケメン!覚え早くIQはトップクラス、生まれは神奈川県平塚市 野菜大好き ,スポーツタイプ (過去は走り、泳ぎ、ジャンプ、フリスビー大好き 特技横とびジャンプ、ドッグキャッチされること大好きでした。

プルートパパ:ボーダーコリーが大好き
ジョギング、テニス、スケッチ、油絵、読書(松山坊ちゃん会漱石研究会理事活動)
好奇心旺盛な男性。                  
家族 :つれあい

   神戸&横浜に息子在住
   孫男2人,女2人

   
            

最新トラックバック

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード