FC2ブログ

自分ルーツを探す

ぷる

プルート冷たい籐畳がすきです。

最近のトピックス
神戸の家人からプルートパパ家ご先祖様のルーツについてインターネットに出ている事を知る。
約500年前淡路の殿様が伊予入国の際、家臣としてここに移住してきたらしい。

故郷の管轄は現在、今治市であるが、昔は松山藩の北端だった事を認識する。

昔から漁業が盛んな処で神仏を熱心に信じていた。

ルーツが淡路島ですとネット友人に告げた、驚いた友人にネットhpを参考にハリッコしてみました。
期間限定にします・・・

K家のルーツ

以下某医院のHPより引用
 院長のルーツは愛媛県今治市波方町小部にあります。そこが本籍地で、先祖のお墓もそこにあります。小部について説明してあるページを見つけました。

土豪層の漁村化
 旧野間郡に含まれ松山藩に属していた小部は、藩政時代から漁業の勢大地域であった。明治になってからも、そのまま引き継がれ、旧松山藩領内村々の明治一七年(一八八四)の漁船数では、一四四隻で新浜村についで多い。

 小部の現在戸数ほぼ六〇〇戸、このうち木村姓、菊川姓が各二〇〇戸で圧倒的に多い。小部漁協横の小高い丘に地蔵堂があるが、これと並んだ堂宇に四基の大きな墓がある。向かって右の二つが木村姓の祖先、左が菊川姓の祖先と称してあがめている。この文字を判読して表記した。死亡年代は永正五年(一五〇八)~慶長五年(一六〇〇)であるが、もちろん後年に建てられたものもあろう。しかし開発状況を示す資料としても貴重なものである。この中に小部開発の始祖とした木村新兵衛の墓石がある。この木村新兵衛については、淡路志智城主(一・五万石)加藤嘉明が、文禄朝鮮の役で水軍の総師として活躍した功績で、文禄四年(一五九五)正木(松前)六万石に栄転し、伊予入国のさい新兵衛を伴った。この新兵衛によって開発されたのが小部村であるとしている。(小部菊川家文書、文政一年)従って新兵衛は淡路の出身で、しかも水軍に関係があったことは、その死亡年代からも不合理はない。菊川姓の祖先とされた墓石の中に大居士名が刻まれているが、これは中世の土豪で名門と考えられる。四つの墓石は左から右に順次死亡年代が新しくなっているので、あるいは同じ家系のものとも考えられる。

 藩政時代に小部で各種の網が創始されているが、ゆるやかにカーブした小部の地形はイワシの回遊には最適で、イワシ地びき網が中心であった。イワシ網の先進地は淡路で、この点新兵衛との関連が想定される。伊予水軍の河野一統の出身としている椋名・吉海・大浜などの漁師(ただし来島は網も多い)が一本釣を主体とするのに対して、小部は典型的な網漁民であった。

(院長註:洞爺丸で亡くなった元衆議院議員の菊川忠雄(1901~1954)、同い年の東京医科歯科大学の菊川武雄事務局長、院長が卒業してからの菊川治事務局長、新宿区で開業している菊川宗浩(東京医科歯科大学、学14回生)、リクルートの江副浩正さんの実母で旧姓菊川マス子、みんな小部の出身だと聞いています。院長の学生時代には東京医科歯科大学には菊川奨学金というのがありました。菊川武雄事務局長が私財を寄付してできたものだと聞いています。淡路志智城近辺に菊川姓が残っているかもしれないと捜してみたらやはりありました。同じルーツのようです。今治ではきくがわと呼ぶ人もいますが、淡路ではきくかわと表記されています。ここによると菊川家は戦国時代の城主安宅家の一族だそうです。加藤左馬助は加藤左馬助嘉明だそうです。)

城主安宅次郎は弓の名手だったそうだ、偶然かも知れないが我が家の家紋はチガイ矢と言って弓の羽根である。





きくかわけ
住宅 じゅうたく
所在地:南あわじ市 湊里
菊川家住宅 出典:兵庫県 菊川家住宅は、平成 20 年(2008)に兵庫県景観形成重要建築物に指定されました。 菊川家住宅は、寛政3年(1791)ごろの淡路國名所図絵に記録が残っている由緒ある建物で、江 戸時代には庄屋屋敷、明治時代には村役場に利用された地域を代表するシンボル的な建物です。 また、その敷地は戦国時代の安宅氏の城跡でもあり、堀跡、やぐら跡も確認できます。中には樹齢 約 400 年のクロガネモチが広く根を張っています。 菊川家住宅は、歴史的・文化的価値に加え、城郭の樹木を背景にした建築物の景観が地域の特徴的 な景観をつくりだしています。
【景観の特徴】 □ 自然がつくりだす景観 □ 歴史がつくりだす景観 □ 生活・文化がつくりだす景観 □ 新しくつくりだす景観 【ア ク セ ス】 神戸淡路鳴門自動車道西淡三原 IC から県道 31 号線、 県道 25 号線へ。車で約 15 分。
地図出典:国土地理院発行2万5千分の1地形
画像検索hp
https://web.pref.hyogo.lg.jp/awk11/documents/haykkei-zyun-minamiawaji-13.pdf

http://www.kikukawa-dent.jp/article/15233186.html

http://shiro728.web.fc2.com/shiro/hyougo/minato/minato.html

関連記事

コメント

地元のことが

某医院のHPからの転載を読ませていただき、益々、驚いています。
父の法要で湊地区のお寺へ何度か行きましたが、その時、「菊川」と表札の出た立派なお家の前を通りました。
お寺の近くですし、資料に記載の住所か、若しくは、その近辺です。
おそらく、資料に出てくる菊川家の子孫のお住まいなのでしょうね。
ルーツが、明らかになってこれから先、色々な展開がありそうですね。

まゆまゆさんへ

コメントありがとうございます😊

やはり私のルーツは 淡路 島だったのです!
ご先祖様が 判明し 安心しています。
いつか 機会を 作り 尋ねたいです。

私の先祖も同郷のようで

こんばんは。
突然のコメント大変失礼いたします。


私の祖父も旧波方村(現今治市)の小部で生まれ育ったようです。
私が子供の頃、当時は鹿児島で商売を営んでいた祖父が私に、自分が子供の頃は『波方村』というところに暮らしていた、と言ったことがありました。
それだけを頼りに20年ほど前に、東京から広島経由で波方へ立ち寄り一泊したところ、宿の女将さんが木村姓なら小部の部落に行くとあるかもしれないと言いました。
そこで、小部の漁協を訪ねたり町役場で戸籍謄本を取ったりしたところ、小部の中に祖父の生家が(家自体は変わっているはずですが)ありました。表札は菊川となっておりました。
小部を歩くとほとんどの家が木村か菊川。
誰か祖父を知っている人がいれば話を聞きたいと尋ね歩いたりしましたが、すでにその昔を覚えている方は皆すでに他界されているとのことした。
辺りを散策し、木村新之助の碑を眺め、帰途につきました。

ただそれだけのことなのですが、私自身の先祖が小部、そして淡路島にあるということがずっと意識の中にあり、海賊だったのかななどと興味深く思っている次第でございます。

まだ淡路島を訪れたこともないので、いつか行ってみたいと考えております。

ネットなどで、探してもなかなか手掛かりがなく、本日偶然に目にしたブログになんだか嬉しくなりコメントさせていただきました。

Re: 私の先祖も同郷のようで  ふみふみさんへ嬉しいコメント

嬉しいコメント有難うございます。
今年一番のビッグトピックスです。
小部の子孫は、はっきりした家柄に準じるのではないでしょうか。
系図は村の長宅にあると私も子供時代に父から聞かされました。
私も淡路を一度訪ねたいと願っています・・・

私の名前は「たかふみ」といいます。
色々お話したいと思っています。
できればEメールアドレスにメールして頂ければ嬉しいです。
お待ちしています。
宜しくお願い致します。
ネットって便利ですね~



> こんばんは。
> 突然のコメント大変失礼いたします。
>
>
> 私の祖父も旧波方村(現今治市)の小部で生まれ育ったようです。
> 私が子供の頃、当時は鹿児島で商売を営んでいた祖父が私に、自分が子供の頃は『波方村』というところに暮らしていた、と言ったことがありました。
> それだけを頼りに20年ほど前に、東京から広島経由で波方へ立ち寄り一泊したところ、宿の女将さんが木村姓なら小部の部落に行くとあるかもしれないと言いました。
> そこで、小部の漁協を訪ねたり町役場で戸籍謄本を取ったりしたところ、小部の中に祖父の生家が(家自体は変わっているはずですが)ありました。表札は菊川となっておりました。
> 小部を歩くとほとんどの家が木村か菊川。
> 誰か祖父を知っている人がいれば話を聞きたいと尋ね歩いたりしましたが、すでにその昔を覚えている方は皆すでに他界されているとのことした。
> 辺りを散策し、木村新之助の碑を眺め、帰途につきました。
>
> ただそれだけのことなのですが、私自身の先祖が小部、そして淡路島にあるということがずっと意識の中にあり、海賊だったのかななどと興味深く思っている次第でございます。
>
> まだ淡路島を訪れたこともないので、いつか行ってみたいと考えております。
>
> ネットなどで、探してもなかなか手掛かりがなく、本日偶然に目にしたブログになんだか嬉しくなりコメントさせていただきました。
非公開コメント

プロフィール

プルートパパ

Author:プルートパパ
プルート:♂2018年6月28日 虹の橋を渡りました
2015年、7月リンパ腫ガン発症 抗ガン治療6か月点滴治療後、奇跡的に3年生き延びてきました、数か月前からリンパ腫転移が進み抗生物質、ステロイド剤投与かろうじて食欲旺盛に毎日を過ごしていました、しかし赤血球数値の低下著しくひと月経過の後眠るように宇宙に旅立ちました。


体重22キロ イケメン!覚え早くIQはトップクラス、生まれは神奈川県平塚市 野菜大好き ,スポーツタイプ (過去は走り、泳ぎ、ジャンプ、フリスビー大好き 特技横とびジャンプ、ドッグキャッチされること大好きでした。

プルートパパ:ボーダーコリーが大好き
ジョギング、テニス、スケッチ、油絵、読書(松山坊ちゃん会漱石研究会理事活動)
好奇心旺盛な男性。                  
家族 :つれあい

   神戸&横浜に息子在住
   孫男2人,女2人

   
            

最新トラックバック

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード