心配したけれどプルート元気になりました。

医師の処置のお陰でプルート元気になりました。
今日は食欲旺盛でおすそ分けが欲しいと吠えています(´◉◞౪◟◉)

天気が悪い日は読書が一番ですね~
「ジャン、クリストフ」の最終章「新しい日」の中に気に入った文章がありました。

ジャンクリストフの親友、せむしのエマニュエルの部屋で二人の様子を表している文章にアンダーラインを付けて転記してみました。

エマニュエルの机の上の、置かれている紙類の間にある自由な余地に、一匹の灰色の猫がじっと座って、やたらに喫煙する二人を叱るような様子で、まじめくさってながめていた。クリストフはこの猫の事を彼ら二人の、生きている良心だと云った。その生きている良心を押し隠すためにクリストフは自分の帽子を猫にかぶせた。それはきわめてありふれた種類の、虚弱なねこであり、路上で半ば死にかかっていたのをエマニュエルが拾ってきて飼っていた。ひどい目にあわされたための被害からいつまでも治りきらず少ししか食べず、ほとんどふざけることもなく、ひっそりと静かであった。______________
エマニュエルはこの猫を親身な気持で可愛がっていたが、それはこの病弱な猫の身の上と彼自身のそれとの間に一つの似通いを彼が見出しているからだった。その似通いは目の表情にまで及んでいるとクリストフは主張するのだった。 「ありそうなことさ」とエマニュエルは言った。 動物たちの様子にはその環境が反映して現れる
動物たちがしじゅう見ている主人たちの様子に従って動物たちの顔つきも洗練される。愚鈍な人間に飼われている猫は聡明な人の猫と同じ目つきをしていない。一匹の家畜が善良になるか意地悪になるか、率直になるか陰険にになるか、上品になるか下品になるかは、主人が与える教訓によるだけではなくて主人自身のあり方にしたがう。それには人々からの感化さえも必要としない。環境そのものが動物たちの様子をつくり上げる。聡明な感じの眺めは動物たちの目にも反映する。___エマニュエルの灰色の猫は、息詰まるような屋根裏部屋と病弱な主人とに___この部屋とこの主人とをパリの空の輝きが照らしていたが__調和していた。
エマニュエルは以前よりづっと人情の豊かな人間になってきていた。クリストフが初めて知った頃の彼とは違ってきていた。一つの家庭悲劇が彼の心境をくつがえしたのだった。彼の恋人は、エマニュエルが彼女の愛情の重苦しさをうるさく感じてやりきれなくなった瞬間にそれをあまりはっきりと彼女に感じさせた直後に、急に姿をくらました。エマニュエルは心配と不安に気が気でなく夜もすがら探し回った。。最後に彼は、一つの交番の中にいる彼女を見出した。彼女はセーヌ河に投身するつもりであった。橋の欄干から飛び降りようとした瞬間に一人の通行人が彼女の服をつかんで引き留めた。彼女は住所と名とを教える事を拒んだ。もう一度繰り返すつもりであった。この悲しみの姿を見てエマニュエルの心は打ち砕かれた。彼は自分が他人から苦しみを味わされた後に今度は自分が他人に苦しみを与えているのだと気づくとたまらない気持ちになった。絶望している女を再び連れ戻して、彼が彼女の心に与えた傷を癒そうと努めて、彼の愛情をしきりに欲しがったその恋人に、その愛情への信頼感を与えた。____ 

ロマン・ローランの小説のなかでも好きな部分が表れている一編の文章です。
人間と犬&猫などとの関係を何気なくあらわしている名文に思われ、そしてエマニュエルを例にし、男女の愛情について、気持ちを揺さぶられました。
この小説本の訳者、片山は息子に[人生で行き詰まった時は「ジャンクリストフ」を読みなさい]と言い残したそうです。



再

お気に入りの容姿
プルート
関連記事

コメント

No title

プルート君元気になって
良かったですね!

No title

元気になって良かったですね!
今後とも頑張って下さい。。

ルイスパパさんへ

はい、お陰様で元気になりました。
家族の一員なのでホットしています、まだまだ元気でいて欲しいです。

> プルート君元気になって
> 良かったですね!

テリ吉さんへ

ありがとうございます。
お陰様で元気になりました。

テリ吉さんのブログ元気をもらっていますよ。


> 元気になって良かったですね!
> 今後とも頑張って下さい。。
非公開コメント

プロフィール

プルートパパ

Author:プルートパパ
プルート:♂2016年12月12歳になりました体重22キロ 覚えの早い知能派 生まれは神奈川県平塚市 野菜大好き ,スポーツタイプ 走り、泳ぎ、ジャンプ、フリスビー大好き 特技横とびジャンプ、ドッグキャッチされること大好き、新芸(ロール、脚 くぐり)など

プルートパパ:ボーダーコリーが大好き
ジョギング、テニス、スケッチ、油絵、読書(松山坊ちゃん会漱石研究会理事活動)
好奇心旺盛な男性。                  
家族 :つれあい

   神戸&横浜に息子在住
   孫男2人,女2人

   
            

最新トラックバック

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード