漱石赴任120周年イベント

ローカル新聞社主催の「漱石赴任120周年」イベント後援お手伝いに3日間
奔走し、今日無事閉会されてホットしている。

昨日は全国都道府県から90名の出席者による懇親会を道後の老舗旅館「ふなや」
で漱石文学愛好者の方々と旧交を温めたり新しいつながりに漱石文学の輪を広げ
愉しんできました。。

この日はプルートの抗がん剤の点滴の予約日でキャンセルは出来ません。東京から専門医が来ています。午後からイベントの写真を撮るような依頼が主人はあったので、朝電話して午前中に連れて行くことにした。周囲を見るとワンちゃんで混んでいます。暫く待っての診察です。色々な種類の猫やワンちゃんが診察に来ています。
プルートは点滴とお薬の効果で今は元気です、結果良好だと云われ安心した、でも段々と副作用は出ているので気にはなる。
薬をもらって治療代金を支払って急いで家に帰る。我が家にとっては治療代金は高額なのでしんどいです。
2週間後に予約してなんだか気持ちも重たくなってくる。今は元気なのですが、このまま続けることが良いのか?難しい判断です。
でも次男はプルートが一日でも長く生きてほしいと願っている、私達も気持ちは同じです。夕方から二人で留守するけれど可哀想だけれど今年は仕方がない。主人が役員をしていると出席はしないと、こんな機会は2度とないです。

今日は子規記念館で「漱石と子規の松山」をテーマにシンポジュームが開催された。
400名の聴衆は実のある講演とシンポジュームに満足しておられたようでした。
何かと大変でしたが盛大に行われ良かったと思っています。
来年は熊本で漱石記念イベントが5月に開催予定と宣伝しておられた


漱石ツァー
三津の渡しを体験して喜んでおられた。
空路東京から40数名のメンバーなので3班に分かれて乗船です

洗心庵
小林一茶が句会を開いた洗心庵を案内しました。
(プルートパパがお世話をした)サプライズの小林一茶観光プログラムは鎌倉漱石の会
S会長様からお礼の言葉を戴きました。

バス
漱石離松の船乗り場を観光して一路道後に向かいます。

シンポジューム
子規記念館大会議場にて漱石に造詣の深い講師と松根東洋城、子孫
ゲストを迎えてシンポジュウムが開催されました。

懇親会
老舗旅館「ふなや」全国からの参加者懇親会の様子
盛り上がりました。

松山寿司
最後の日 遠路から来られたKさんとのランチ
松山寿司が一番美味しかったですね~

煮もの


デザート

イベントの後、帰路に着かれるKさんにお昼のランチにに誘われお言葉に甘えて良いか?直前まで迷いましたが遠くから松山においでになっています、、近藤我観さんの件等でお話しもお聞きしたかったので当日にお返事することにしました。
思いがけなくご馳走になってしまい大変恐縮しました。
近いうちに気持ちだけですがお返しをしなければと思っています。
その時にお土産を買って渡せばよかったのですが、、、気が付かなくてごめんなさいね。
(漱石が離松するとき近藤我観に送った二つの俳句を表装したものを子規記念館の
大きな和室で双幅拝観できるよう少なからずのお世話をしました)
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

プルートパパ

Author:プルートパパ
プルート:♂2016年12月12歳になりました体重22キロ 覚えの早い知能派 生まれは神奈川県平塚市 野菜大好き ,スポーツタイプ 走り、泳ぎ、ジャンプ、フリスビー大好き 特技横とびジャンプ、ドッグキャッチされること大好き、新芸(ロール、脚 くぐり)など

プルートパパ:ボーダーコリーが大好き
ジョギング、テニス、スケッチ、油絵、読書(松山坊ちゃん会漱石研究会理事活動)
好奇心旺盛な男性。                  
家族 :つれあい

   神戸&横浜に息子在住
   孫男2人,女2人

   
            

最新トラックバック

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード