あわや浸水

今日のお昼前ゲリラ豪雨が襲来して近くの用水路が冠水し、
排水管から自宅内に逆流していることに気付く。ネットで雨雲
レーダー検索すると陸地西の海上部を黄色の雨雲ゾーンが通過
して行ってる。ほんの短時間に用水路が冠水するのは変だと思って
放水路ゲートの作動は大丈夫なのかと市の河川課に電話する、
管理は県ですと教えられるが、県の河川課もゲートが作動しているかどうか
確認出来ていないとの返事だった。
すぐ近隣の駐車場の車は異常状態まで冠水してレッカー車の到着を
待って居る、幸い車両保険に加入していたそうだ。
県の担当者はゲートは作動していたそうだが、そんなはずはない。
ゲートは自動作動となっているそうだ、河川は溢流してないというけれど、
用水路に沿って上流から自宅近辺に大量の雨水が流入されたに決まっている。
溢流はしていないというけれど、実際河川を見に行ったところゲート下流に橋が掛かっている部分が
驚くほどの狭い川幅になっている。これでは流れが悪く川の水位が上昇し、上流の用水路から
河川への排水量が低下し低い土地に沿って流入してきたのだ。
放水路が完成してからすでに約35年経過しているが一度もその後冠水したことなどなかった
その後、息子からの情報によると観測始まって以来の時間単位の降雨量だったそうだ。
今回の事態は異常気象の現れでしょうか?
市民の生活保安の為緊急排水ポンプの設置を検討してほしいですね。
そして担当課は放水路ゲート管理についても、もっと危険意識をもって対処してほしい。
生活道路と用水路の区別のつかない冠水した用水路に老人、女性、子供などが誤って
足を踏み入れた場合死亡事故になりかねないと想像するとゾットする。

地方を襲ったこの雨雲は電車を一時運休停止させ、近くのスポーツジム
の近辺も道路冠水し、営業停止だった。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

プルートパパ

Author:プルートパパ
プルート:♂2016年12月12歳になりました体重22キロ 覚えの早い知能派 生まれは神奈川県平塚市 野菜大好き ,スポーツタイプ 走り、泳ぎ、ジャンプ、フリスビー大好き 特技横とびジャンプ、ドッグキャッチされること大好き、新芸(ロール、脚 くぐり)など

プルートパパ:ボーダーコリーが大好き
ジョギング、テニス、スケッチ、油絵、読書(松山坊ちゃん会漱石研究会理事活動)
好奇心旺盛な男性。                  
家族 :つれあい

   神戸&横浜に息子在住
   孫男2人,女2人

   
            

最新トラックバック

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード