昨日は「坊っちゃん会 漱石研究会」の読書会

今月は漱石随筆小説「硝子窓の中」です、読書感想、分担章の解説を調べて発表する。34章、36章はつれあいが熱心に資料を作り発表をする。スムースに解説できていた。次は私のところに廻って来た35章は漱石の落語、講談等の寄席に通っていた頃の想い出を懐かしく記述している事について好きな落語と講談をここぞとばかり、すらすらと感想を述べることが出来ました。
「嘉永5年」、「文久3年」は明治天皇ご誕生と何の年だったのか・・激変の年ではった・・・ちなみに嘉永5年は小説に出てくる宝井講談師の生まれた年であった、偶然読書会に向かう時目前の自動車の後ろ窓に「嘉永5年」と「文久3年」のテプラーを貼っているのを見かけましたが・・・?

ラジオで聴いた余談
ドイチェには「懐かしい」という語彙は無いらしい、日本語は言葉が豊富なんですね~
先日ラジオを聴いているとベートベンの交響曲第6番「田園」の 第1楽章の標題名は「懐かしい田舎に到着した時」となるのですが、「田舎に到着した時の愉快な感情の目覚め」と命名されているとか・・・

アラレちゃん?

プルートのブリーダーさん平塚を訪れた時の写真です。
約5年前になります
若い時アラレちゃんプルートの兄弟犬(姉)でしょうか?
利発的な顔をしていますね。


鎌倉仏

鎌倉 大仏を40数年ぶりに訪れました。
この時昔修学旅行に行った時のことを思い出してみました。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

プルートパパ

Author:プルートパパ
プルート:♂2016年12月12歳になりました体重22キロ 覚えの早い知能派 生まれは神奈川県平塚市 野菜大好き ,スポーツタイプ 走り、泳ぎ、ジャンプ、フリスビー大好き 特技横とびジャンプ、ドッグキャッチされること大好き、新芸(ロール、脚 くぐり)など

プルートパパ:ボーダーコリーが大好き
ジョギング、テニス、スケッチ、油絵、読書(松山坊ちゃん会漱石研究会理事活動)
好奇心旺盛な男性。                  
家族 :つれあい

   神戸&横浜に息子在住
   孫男2人,女2人

   
            

最新トラックバック

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード